資産

つみたてNISA始めました!!-投資信託への挑戦。

投稿日:

資産形成の為、サラリーマンを演じつつ、よりよい情報を探し続けています。

【証券会社でNISA口座を開設する】

最近、メインで使おうと思っている(ほとんど動いていません^^;)証券会社で、
”NISA口座”を開設しました。

【いまさら聞けない..NISAとは?】

NISA = ニーサ(Nippon Individual Savings Account)という愛称です。

ちなみに、イギリスのISA(Individual Savings Account=個人貯蓄口座)
をモデルにした日本版ISAです。

【NISAのポイント】

1.非課税投資枠が1年毎に設定され、毎年120万円まで投資ができる。
2.いつでも払い出し、売却が可能。ただし、払い出し、売却をした分に対応する
  非課税投資枠は再利用できない
3.5年間の非課税期間が終わったら、口座内の金融商品を
 ①翌年の非課税投資枠に移す、
 ②課税口座に移す、
 ③売却する
を選択できる。
※1年非課税投資枠の未使用分は、翌年以降に繰り越せない

【NISAをはじめるには..】

 NISAを始めるには、銀行や証券会社などに口座を開設する必要があります。
証券会社・銀行・郵便局・農協といろいろな金融機関が扱っているので、
ホームページ等で確認してください。

【NISAの使い方】

投資初心者や、できるだけリスクを負いたくないならば、

  低リスクでコツコツ運用 = バランス型投資信託

という方法があります。

「投資信託(バランス型ファンド)」・・・値動きの異なる複数の投資対象へ分散投資
メリット :値動きの異なる複数の投資対象へ分散投資することで、 
      一つの投資対象から生じるリスクを抑える効果が期待できる
     :投資対象の異なる商品を自分で選んで組み合わせる必要がない

【今回始めた、つみたてNISA】

 特徴.1 少額からでも始められる、投資信託が対象。

 特徴.2 投資信託の運用利益が非課税

 特徴.3 非課税投資枠は、年間40万円で、非課税期間は投資した年から最長20年間

   ※ 一般NISAだと、  年間120万円 × 5年間 = 600万円
     つみたてNISAだと、年間40万円 × 20年間 = 800万円
   ちなみに、月々30,000円で投資枠約90%使用になります。

 特徴.4 つみたてNISAの対象となる投資信託は、安定的な資産形成を目指す、
      長期・積立・分散投資に適した商品となるよう

   ・販売手数料が0円(ノーロード)で、信託報酬も低い商品。
   ・頻繁に分配金が支払われない商品。

   などの法令上の条件が設けられています。

【まとめ】

 投資信託は少額(月1000円とか)から始められます。

なにもせず、ただじっとしているよりは、なにか 

アクション” =資産形成の挑戦

を起こさないと
将来後悔するかもしれない時代になってきているように思います。

-資産

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした