サイエンス

ヘルメットも未来へ加速!!速度表示、GPS情報確認、その名も「スパルタ」!

投稿日:

ジャパンディスプレイ(JDI)は8月1日、

ヘルメットにヘッドアップディスプレイを組み込むことで、

オートバイで走行中も、進行方向から視線をそらさずに

速度メーターやGPS情報などを確認できる

HUD搭載スマートヘルメット

(コンセプト名「スパルタ」)を

開発したと発表した。

ヘッドアップディスプレイとは?

ヘッドアップディスプレイは、人の視野に直接情報を映し出す手段。

車載用ではフロントガラスに搭載され、速度やナビなどを表示する。

今回、車載ヘッドアップディスプレイに採用されているユニットを

小型化し、ヘルメットに搭載した。

※写真はイメージ

 

また、カラーフィルター・偏光板を取り除くことで、

透過率80%を実現した高透過な透明カラーディスプレイを開発。

これをシールドに重ねて装着し、温度、燃費などの車両情報を表示できるようにしたヘルメットを、

レーシングチーム「DANDELION RACING」のドライバーに実際に装着してもらい、

富士スピードウェイでテスト走行を実施した。

DANDELION RACINGの村岡潔監督は、「過酷なレースの現場で実験や研究を続けることで、

様々な分野における高透過透明ディスプレイ技術の可能性を探っていきたい」とコメント。

 JDIは同チームと連携し、レースへの実装につながるプロダクトの研究を

進めるとしている

引用:ITmedia

透過率80%透明カラーディスプレイ

4.0インチのディスプレイ(300×360ピクセル)。

従来のカラー液晶ディスプレイでは必須だった

カラーフィルター偏光板取り除いたことで、

80%の透過率を実現したという。

AR(拡張現実)コンテンツを現実世界に重ねて表示させ、

「一体感のある表現が可能になる」(同社)という。

ディスプレイを大型化することで、ショーウィンドーを使った広告や、

車載ディスプレイなどへの活用を見込む。

ま と め

透過率80%カラーディスプレイをヘルメットのシールドに装着し、

ARを現実世界に重ね合わせて、速度情報、GPS情報を表示するというもの。

 

バイクも日々進化していると思いますが、それを取り巻くアクセサリーも

夢に見た未来へと進化しています。

まだ開発途中ですが、市販されるのが待ち遠しいですね!

-サイエンス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

赤い星?”火星”大接近!15年に一度の天体ショー。

2018年7月31日、約2年2か月ぶりに火星と地球が最接近します。 約5760万kmまで近づき、2003年以来の大接近となります。 この前後、夏から秋にかけては、天体望遠鏡で表面の模様を観察する好機で …

コンセプトは、「最も小さくて手頃な価格のSurface。」

Microsoftから、Surfaceの新型「Surface Go」が発表! 海外での発表で、 価格は399ドル(約4万4000円)からです。 今までのSurfaceライナップから、 大幅に価格を下げ …

日本が誇るJAXAの技術「こうのとり」7号機、打ち上げ成功!

三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は23日午前2時52分、 国際宇宙ステーション(ISS)に物資を届ける無人補給機 「こうのとり」7号機を搭載したH2Bロケット7号機を 種子島宇宙センター( …

“セミ”が救世主に!?関西大教授が成功した、世界初の研究内容とは?

 クマゼミの羽の構造をまねて、 強力な抗菌効果がある材料を作り出すことに 伊藤健・関西大教授(ナノ・マイクロ科学)のチームが 世界で初めて成功した。 薬剤などを使わず、物理的に細菌を死滅させられる 安 …

KDDI、「キッザニア」を子会社化!未来の職業体験(Iot・超高速通信「5G」)を導入!!

携帯電話大手KDDI(au)は10日、 子ども向けの職業体験型テーマパーク「キッザニア」を 国内で運営するKCJグループ(東京)を子会社化したと発表した。 あわせて、国内3カ所目のパークを 名古屋に2 …