エンタメ

至高の映画体験を満喫!1968年製作の映画が当時のままの姿でよみがえる!

投稿日:

 スタンリー・キューブリック監督の名作SF

『2001年宇宙の旅』

70mmニュープリントフィルムでの特別上映が、

10月国立映画アーカイブで実施される。

 

『2001年宇宙の旅』(1968)の製作50周年を記念して、

映画『ダンケルク』のクリストファー・ノーラン監督

ワーナー・ブラザースの監修により、

オリジナルネガから新たにプリントされた70mm版。

デジタル処理を介さずに作成されたもので、

1968年の公開当時と同様の映像、音、上映方法で

鑑賞できる希少な機会となる。

 

国立映画アーカイブ(旧 東京国立近代美術館フィルムセンター)では、

ユネスコが定めた「世界視聴覚遺産の日」(10月27日)を記念して

毎年特別イベントを開催しており、

今年は『2001年宇宙の旅』70mm版の特別上映を行うことになった。

5月に開催された第71回カンヌ国際映画祭でプレミア上映された同作が、

ついに日本に上陸する。

上映されるのは10月6日、7日、11日、12日、13日、14日の計6日間

国立映画アーカイブの長瀬記念ホール OZU にて

1日あたり2回、計12回上映される。

名作『2001年宇宙の旅』

<あらすじ> 【 起 】

太古の時代、猿人はまだ他の獣と同じような存在だった。

そこに謎の黒い石板(通称モノリス)が現れた。

これをきっかけに、1匹の猿人が道具を使うことを覚える。

この猿人は獣を倒し、他の猿人に対しても優位に立つこととなる。

 

2001年。宇宙への進出が進み、月に月面基地が建つようになった時代。

ヘイウッド・フロイド博士がアメリカ合衆国から月面基地へ派遣される。

彼がここにやってきた理由は、

月で発見された謎の黒い石板「モノリス」だった。

その石板は、400万年前に飛来した物と考えられた。

アメリカ合衆国は「モノリス」の存在を世間から隠すため、

月面基地で伝染病が発生しているとのデマまで流して、

人々を月から遠ざけていた。

フロイド博士の調査中、太陽光を浴びた「モノリス」は、

木星に向けて謎の磁力を発し始める。

 

18か月後。木星探査のため、宇宙船ディスカバリー号が宇宙に出た。

ディスカバリー号には人工知能のHAL9000が搭載されている。

これは自律的に考えることのできる最高の人工知能で、

船の航行管理から目的地まで冬眠状態となっている

3名の科学者の生命維持まで任されていた。

デヴィッド・ボーマン船長とプール副船長は、

船を無事木星まで届けるため冬眠には就いていない。

彼ら2人は、謎の石板「モノリス」の存在を知らされていなかった。

 

<あらすじ> 【 承 】

ボーマン船長と談話していたHAL9000は、

突然月で発見されたという石板の噂を話し始め、

今回の木星探査の目的について疑問を呈する。

更にHAL9000は通信ユニットの故障を報告する。

しかし通信ユニットに異常は見られず、

ボーマン船長とプール副船長はHAL9000の異常を疑い始める。

2人はHAL9000に聞かれぬよう、小型ポッド内で、

HAL9000の思考部を停止させようという話し合いを設ける。

しかしHAL9000は彼らの口の動きを読み、

2人の話し合いの内容を知ってしまった。

プール副船長は1人船の外に出て作業をしていた。

しかしHAL9000の行動によって宇宙服が機能しなくなり、

殺害されてしまう。

更に、冬眠中だった3人の科学者達も、

HAL9000に生命維持装置を切られ亡くなってしまう。

ボーマン船長は宇宙に投げ出されていく

プール副船長の姿を見て事態を察知、小型ポッドでプール副船長を救いに行く。

しかしプール副船長は既に息絶え、ボーマン船長は彼の亡骸をポッドの手に抱え

ディスカバリー号の入り口へ帰って来た。

 

<あらすじ> 【 転 】

ポッドに乗ったボーマン船長は、HAL9000に船の扉を開けるよう命令するが、

HAL9000は応じようとしない。HAL9000はボーマン船長とプール副船長の口の動きから

自分の思考部を停止しようとしていると知り、乗組員全員の殺害を試みたのだ。

ボーマン船長はプール副船長の亡骸を放り出し、ポッドの手で扉を手動操作して開けた。

そして爆風を使って、無理やりディスカバリー号へ帰還した。

 

ボーマン船長はHAL9000の中枢部へ向かい、彼の思考部を停止させる。

HAL9000は「もう逆らわないからやめてくれ」と懇願したが、

殺されかけたボーマン船長にそれを聞き入れるつもりはなかった。

HAL9000の思考部はゆっくりと停止した。

その時、突然1本のテープが再生される。

それはフロイド博士からディスカバリー号の乗組員達に宛てた、

木星到達時に再生されるはずのメッセージだった。

これを聞き、ボーマン船長は木星に磁力を発し続ける

謎の石板「モノリス」の存在、そして自分達の真の目的を初めて知るのだった。

 

<あらすじ> 【 結 】

ボーマン船長1人を乗せたディスカバリー号は、木星の衛星軌道上に辿り着いた。

そこには月で発見された「モノリス」と同じような形の、

しかも月のものよりも更に巨大な、黒い石板が浮かんでいた。

石板に遭遇したボーマン船長のポッドは激しく揺れ始め、突如眩い光に包まれる。

 

長い光の道を通り抜けたボーマン船長のポッドは、

気づくと地球にあるようなとある部屋に辿り着いていた。

ボーマン船長はポッドを出て、部屋に降り立った。

その部屋には時間の概念がないのか、そこで生活するボーマン船長は、

中年でもあり、老人でもあり、同時に死の間際の年齢でもあった。

ついに死を前にしてベッドに横たわる年老いたボーマン船長は、

部屋の中に浮かぶ黒い石板を目にする。

その瞬間、ボーマン船長の姿は

胎児の姿に変化した。

ボーマン船長は既に、

人類を超えた存在となっていたのだ。

 

月と地球が映し出される。

人類の枠を超えた存在となったボーマン船長は、

宇宙から地球の姿をじっと見つめるのだった。

 

スタンリー・キューブリック監督の都市伝説と言えば…

真空なのにはためくアメリカ国旗

不自然な影などを根拠として、

月面着陸映像は月ではなく

セットで撮影されたのではないか

さらにはそれにキューブリック監督が

関わっているのではないかとするこの都市伝説。

昨年もこの説を題材にした

コメディー映画『ムーン・ウォーカーズ』

(『ハリー・ポッター』シリーズのルパート・グリント主演)

が作られている。

アポロ11号月面着陸ねつ造を否定!

スタンリー・キューブリック監督がアメリカ政府と共謀し、

アポロ11号の月面着陸をねつ造したとする都市伝説を、

娘のヴィヴィアン・キューブリックがTwitterで否定した。

ヴィヴィアンは

「たくさんの人たちがわたしにこのことを聞いてくる。今こそ回答する時だと思う

と切り出し、

父のようなアーティストが、本当にアメリカ政府の国民への裏切りに

手を貸したと思うの?

とばっさり。

 

『フルメタル・ジャケット』では音楽を担当するなど、普段の顔だけでなく、

仕事場での父親の姿もよく知る彼女は

これまでにもたくさんの陰謀があって、今も起きていると思うけど、

月面着陸はウソでわたしの父が撮影した? これだけは理解できない!!

 

父の作品がその証拠よ

 

わたしの父がアメリカ政府と共謀してウソの月面着陸を撮影した、

これは明らかにグロテスクなウソ」と断言している。

ま と め

『2001年宇宙の旅』が70mm版として、10月に国立映画アーカイブで上映される。

・都市伝説「アポロ11号着陸ねつ造」を、娘のヴィヴィアン・キューブリックがTwitterで否定

 

いまなお謎がのこる、月面着陸の真意。”着陸ねつ造が、ねつ造であってほしい”

と思いながら、宇宙に対する人類の進歩を見守りたいですね。

-エンタメ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

岡田将生主演!「昭和元禄落語心中」がドラマ化!!

昭和落語界を舞台に描く、人情落とし噺 昭和最後の大名人・有楽亭八雲に、押しかけ弟子入り志願した 元チンピラ・与太郎。内弟子など一切取らぬはずの八雲が、何のきまぐれか与太郎を 受け入れることに……。そこ …

『I”s』(アイズ)実写版ヒロインに”白石聖さん”抜擢!!そのハンパない透明感が魅力!

女優の白石聖さんがスカパー!の連続ドラマ「I”s」 (12月21日スタート、金曜・後9時)で ヒロインを務めることが8日、発表された。   97~2000年に「週刊少年ジャンプ」で連載され、 …

高橋一生ドラマ初主演!生き物のふしぎに目がない変わり者の大学講師役。

10月スタートのカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ 『僕らは奇跡でできている』(毎週火曜 後9:00)で 民放GP帯連続ドラマ初主演。   参照:Kansai Televisionより &nb …

堂本光一、ミュージカル愛を語る「ボクらの時代」

7月15日(日)放送の「ボクらの時代」では、 東京・帝国劇場で7月27日(金)から上演するミュージカル 「ナイツ・テイル―騎士物語―」 で夢の共演を果たす堂本光一と井上芳雄、 「Endless SHO …

『オロチ』の光岡自動車、新開発オープンカー受注を12月開始!

光岡自動車は創業50周年を記念して 新開発したオープンカー『ロックスター』の受注を 12月1日から開始すると発表した。 価格は469万8000~518万4000円で、 限定200台を生産、販売するとい …