趣味

バイクに乗るために、知っておきたい最短手順・最低コスト

投稿日:2018年6月28日 更新日:

 最近、リターンをはたした40代ライダーです。

 今の時代、なぜこんなにバイクに乗る(乗りたい)ひとが減っているのだろう?と
考えたとき、

 ”バイクに興味はあるけれど・・・”

 ・免許がない、免許を取るのが面倒、免許をとる費用がない。
 ・バイクを買う資金がない。
 ・バイクはアブナイ。

などの問題で、肝心な”バイクに乗る”ところまでいけていないのでは?と
思いました。

 そこで、好き嫌いはともかく、一度はバイクに乗ってみては
という思いで、バイクに乗るための方法を書いてみようと思います。

バイクに乗るためには?最短の手順

 二輪車免許は”7種類”に分かれています。小さい方から

1.原付免許
  ・・・排気量50cc以下16歳以上でとれます。

2.小型限定普通二輪免許
  ・・・排気量50cc超~125cc以下16歳以上でとれます。二人乗りOK

3.AT小型限定普通二輪免許
  ・・・排気量、年齢制限は小型限定と同じ。オートマチック車限定。

4.普通二輪免許
  ・・・排気量125cc超~400cc以下16歳以上でとれます。
   二人乗りOK! 高速道路走行OK!

5.AT限定普通二輪免許
  ・・・排気量、年齢制限は普通二輪と同じ。オートマチック車限定

6.大型二輪免許
  ・・・排気量400cc超、制限なし18歳以上でとれます。
   制限なしの、二輪免許の頂点!!

7.AT限定大型二輪免許
  ・・・排気量400cc超~650cc以下18歳以上でとれます。
   650ccを超える車種に乗るためには、大型二輪免許が必要。

 おすすめの取り方として、”普通二輪免許”をまず取得します。手順は
① 教習所を利用する。

② 試験場等でのダイレクト受験

とありますが、①教習所を利用するほうがいいです。

教習カリキュラムは、

 学科26時間

 実技第一段階9時間(シミュレーター1時間)

 実技第二段階10時間(シミュレーター2時間)

費用は、各地の教習所によりますが、だいたい17万円前後かかります。

バイクの種類、特徴一覧

 【スーパースポーツ】

 レーサーを思わせるカウルをまとったスーパースポーツ。
SSなどに略されるこのタイプは外見通りオンロードにおける運動性能、突き詰めると
サーキットでの速さを目的に作られます。防風性能に優れており、ポジション次第では
ツーリングに使用できたりと、ストリートでの使用もOKです。

 【ネイキッド】

 大がかりなカウルが無く、エンジンが剥き出しになったタイプのバイクを指します。
ネイキッドバイクは主に街中で利用されるバイクのため、中低速のトルクを重視する
などスーパースポーツとは異なるセッティングが施される傾向に有ります。
 カウルが無い都合上、ライダーは走行風をモロに受けるため
高速走行は本来苦手です。

 【ツアラー】

 カウル付きでロングツーリングの快適性を重視したバイクです。
他のジャンルに比べるとタンデムでの利用も想定されており、
二人でも快適に走行することが出来ます。
 多くの場合純正でグリップヒーターが付いていたり、
駆動方式がメンテナンスフリーなシャフトドライブ式になったり、
パニアケースが付属したりと普段使いに配慮されています。

 【クルーザー】

 国内ではアメリカンと呼ばれることの多いのがこれらのモデルです。
外見はネイキッド同様にカウルを持たない傾向に有ります。
ネイキッドとのレイアウトの違いは、ホイールベースを延長することで
直進安定性を高めており、ハンドルやステップも
リラックスしたポジションに合わせて独自に進化しています。
 クルーザーはツーリングに特化したバイクですから、
高回転まで回して出力を稼ぐより、
低い回転でも強い加速を出せるようにトルクを重視する傾向に有ります。

 【スクーター】

 スーパーカブの様な超定番車種も含まれるカテゴリーで、
商業車として仕事に使われたり、あるいは家庭で日常の足として
使われるのが最も多いのが、このスクーターというジャンルです。

生活スタイルにあったバイクをチョイス!

 一例として、私の場合、

YAMAHA ドラッグスタークラシック400
 クルーザータイプで、400cc以下。
普通二輪免許で乗車可能。通勤・ソロツーリングに使用。

YAMAHA NMAX125
 スクータータイプで、125cc以下。
これも普通二輪免許をもっていれば乗れます。
以前は原付50ccに乗っていたのですが、これに乗り始めてからは、

”はやく乗り変えればよかった・・”

というぐらい、快適です。

 あなたもこの機会に、好みのバイクを探してみてはいかが?

-趣味

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

往年の名作「ロマサガ」が23年ぶりにスマホアプリで蘇る!その名も『ロマンシング サ・ガ リユニバース』

スクウェア・エニックスは2018年9月20日、 『ロマンシング サガ』シリーズの完全新作となるスマホ向けRPG 『ロマンシング サガ リ・ユニバース』を発表した。 本作はアカツキとの共同開発となるタイ …

『アズールレーン』が3Dモデルに生まれ変わる!PS4で参戦!その内容とは!?

“1周年直前!アズレン公式生放送~新情報解禁SP~”のサプライズとして、 『アズールレーン クロスウェーブ』のPVが公開。   その後、コンパイルハートの取締役社長、東風輪敬久氏が登場し、 …

「メガドライブ」のミニは延期か?ミニブーム到来?!90年代ゲームが復活!

Twitterのセガ公式アカウントは2018年に発売予定だった 「メガドライブ ミニ(仮称)」の発売を延期し、 2019年発売予定になるとツイートした。 『SEGA』製品情報サイト 『メガドライブ ミ …

ゲームしよう!NVIDIAが「geforce RTXシリーズ」を発表!その性能は?

米NVIDIAは20日、ドイツで開催されるゲームイベント 「gamescom 2018」にて、「Turingアーキテクチャ」を採用した リアルタイムレイトレーシング対応GPU 「GeForce RTX …

ニンテンドウミニに対抗?!「プレイステーションクラシック」発売決定!

1990年代後半に人気を博したソニー・コンピュータエンタテインメントの 家庭用ゲーム機「プレイステーション(PS)」の復刻版 「プレイステーション クラシック」 が発売されることが19日、明らかになっ …