サイエンス

ついにきた!時代は「フルサイズミラーレス一眼」へ!2大メーカーの挑戦!

投稿日:2018年9月5日 更新日:

キヤノンは、フルサイズのイメージセンサーを採用した

初のミラーレス一眼カメラEOS R」を発表した。

「EOS R」は、キヤノンとしては初めての

フルサイズイメージセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラ

 

【キヤノン公式】一眼レフとミラーレスの違いなど初心者向け教室

 

有効画素数は3,030万画素のCMOSセンサーを採用する。

このセンサーは、各画素が撮像と位相差AFを兼ねた

「デュアルピクセルCMOS AF」となっている。

これにより最速約0.05秒の高速AFを実現している。

 

画像処理エンジンは最新のDIGIC8。

静止画の連写性能は最高秒間8コマ

サーボAF時は最高秒間5コマとなる。

4K30pの動画撮影に対応。

 

電子ビューファインダーは0.71倍の有機ELで、

肉眼では判別しがたい位状況でもピント合わせしやすくなっている。

記録メディアはSD/SDHC/SDXCカード。

 

なお、「EOS R」はフルサイズのミラーレス機としては珍しい

バリアングル液晶モニターを採用している。

より自由度の高いアングルで撮影が可能だ。

 

大きさは135.8 × 98,3 x 84.4ミリ、レンズをのぞいたボディの重さは約660g

 

発売は10月下旬。EOS Rのボディ価格は237,500円

発表会で明らかにされたRFマウントレンズは、

ズームレンズとしてF4の24 – 105ミリ、F2の28 – 70ミリ、

単焦点レンズとしてF1.2の50ミリ、F1.8の35ミリの4種類。

価格は24 – 105ミリが 155,000円

28 – 70ミリが   420,000円

50ミリが    325,000円

35ミリが    75,000円となっている。

 

 

詳しくは”従来の制約から開放。自由なレンズ開発が可能に”で

一足先に「ニコン」がミラーレス一眼カメラを発表

ニコンは、フルサイズのイメージセンサーを採用した

ミラーレス一眼カメラ「Nikon Z」を8月23日に発表した。

 

「ニコン Z」は新規格のレンズマウントシステム「Zマウント」を採用。

画像処理エンジンは新開発「EXPEED 6」を搭載する。

 

ピント合わせは、ミラーレス機に採用されつつある像面位相差AF。

手ブレ補正はニコン初のカメラ内センサーシフト方式

ニコンでは今回の手ブレ補正機能について、シャッター速度の面で、

5段分の効果があるとしている。

 

また、8K時代を見据えて、レンズとボディ間のやり取りにも

柔軟に対応できる仕様を採用。

メモリカードはXQDカードに対応。重さは675グラムで、

これにレンズの重さが加わる

 

発売日は、「ニコン Z7」が9月下旬。「ニコン Z6」が11月下旬。

価格はボディ単体で「ニコン Z7」が44万円前後

「ニコン Z6」が27万円前後と案内している。

新開発のレンズは3タイプ、価格は83,500円〜136500円

 

フルサイズミラーレスカメラ「Z7」、「Z6」詳細ページ

フルサイズミラーレスZ-スペシャルコンテンツ

 

-サイエンス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

“セミ”が救世主に!?関西大教授が成功した、世界初の研究内容とは?

 クマゼミの羽の構造をまねて、 強力な抗菌効果がある材料を作り出すことに 伊藤健・関西大教授(ナノ・マイクロ科学)のチームが 世界で初めて成功した。 薬剤などを使わず、物理的に細菌を死滅させられる 安 …

KDDI、「キッザニア」を子会社化!未来の職業体験(Iot・超高速通信「5G」)を導入!!

携帯電話大手KDDI(au)は10日、 子ども向けの職業体験型テーマパーク「キッザニア」を 国内で運営するKCJグループ(東京)を子会社化したと発表した。 あわせて、国内3カ所目のパークを 名古屋に2 …

コンセプトは、「最も小さくて手頃な価格のSurface。」

Microsoftから、Surfaceの新型「Surface Go」が発表! 海外での発表で、 価格は399ドル(約4万4000円)からです。 今までのSurfaceライナップから、 大幅に価格を下げ …

近年多発する災害対策に朗報!再び脚光を浴びている方法とは?

手頃な通信手段として、1990年代に普及した、『ポケットベル』が再び脚光を浴びている。 使用する特有の電波が、建物内部でも届きやすく避難情報を伝える 個別受信機に使われ始めている。 大雨の時に防災行政 …

赤い星?”火星”大接近!15年に一度の天体ショー。

2018年7月31日、約2年2か月ぶりに火星と地球が最接近します。 約5760万kmまで近づき、2003年以来の大接近となります。 この前後、夏から秋にかけては、天体望遠鏡で表面の模様を観察する好機で …