サイエンス

新iPhone登場!気になるスペックを紹介。

投稿日:

米Appleは9月12日(米国時間)、iOS搭載スマートフォンの新モデルとして

「iPhone XS」

「iPhone XS Max」

「iPhone XR」を発表した。

iPhone XS/XS Maxは9月21日、XRは10月26日に発売する。

新モデルのラインアップは、ストレージ容量別に全9モデル。

Apple Storeの価格は

iPhone XSが11万2800円

iPhone XS Maxが12万4800円

iPhone XRは8万4800円から(いずれも税別)。

 

iPhone Xの後継モデルに大画面モデル、カラバリ豊富な下位モデルも登場

iPhone XSは、2017年に発売したiPhone Xの後継モデル。

有機ELディスプレイを搭載し、4辺ともに狭額縁、

画面の上部にノッチ(切り欠き)があるなど、外観はiPhone Xと同じ。

画面サイズと解像度は5.8インチ(2436×1125ピクセル、458ppi)で、

本体サイズは143.6(幅)×70.9(奥行き)×7.7(高さ)ミリ、重さ177グラム。

iPhone Xとサイズは同じながら、3グラム重くなった。

 

iPhone XS Maxは、iPhone XSの大画面モデル。

外観はそのままに、画面サイズを6.5インチに大型化

解像度は6.5インチ(2436×1125ピクセル、458ppi)でiPhone XSと変わらない。

本体サイズは157.5(幅)×77.4(奥行き)×7.7(高さ)ミリ、重さ208グラム。

iPhone 8 Plusの大きさとほぼ同等で、重さは6グラム重い。

防水性能は、水深2メートルで30分間耐えられるIP68に強化した。

XS/XS Maxのカラーバリエーションは、

iPhone Xと同じスペースグレイ、シルバーに加えて

ゴールドを追加した。

 

iPhone XRはiPhone Xの外観を踏襲した新しい下位モデルで、

6.1インチ(1792×828ピクセル、326ppi)のIPS液晶を搭載する。

本体サイズは150.9(幅)×75.7(奥行き)×8.3ミリ(高さ)ミリ、重さは194グラム。

防水性能はiPhone Xと同じで水深1メートルで30分間耐えられるIP67となる。

カラーバリエーションは、ブルー、ホワイト、ブラック、イエロー、

コーラル(サーモンピンク)、プロダクトレッド。

豊富な本体カラーを用意して価格を抑えた普及機という位置付けといえるだろう。

 

新モデルは全て新プロセッサ「A12 Bionic」搭載

XS/XS Max/XRは、7nm製造プロセスによる新プロセッサ「A12 Bionic」を採用。

6コアCPU(4+2コア)、4コアGPU、8コアのニューラルエンジンを搭載する。

iPhone Xが採用していた「A11 Bionic」に比べてパフォーマンスは最大15%高速化

消費電力は最大50%削減した。グラフィックス性能は最大50%高速化したという。

バッテリー容量は公開していないが、

連続通話時間

iPhone XSが最大20時間、XR Maxは最大25時間、XRも最大25時間

ビデオ再生

XSが最大14時間、XR Maxが最大15時間、XRが最大16時間となっている。

iPhone Xと比べるとXsのバッテリー持続時間は約30分、

Xs MAXは約1時間半伸びたという。

iPhone XS Maxは大きなボディーサイズを生かして

他モデルよりもバッテリー持続時間が長い。

いずれもワイヤレス充電に対応する。

 

カメラは前面カメラにはRGBカメラとIRセンサーを搭載

XS/XS Max/XRの前面カメラは、

有効700万画素のRGBカメラにIRカメラを組み合わせた。

Face IDによる顔認証が高速化しているという。

背面カメラは、有効1200万画素の広角レンズ(F1.8)と

望遠レンズ(F2.8)のデュアルカメラを搭載。

ともに光学手ブレ補正を搭載する。

4K動画撮影(24fps、30fps、60fps)や

スローモーション撮影(120fps、240fps)など、

いずれもiPhone Xと同等だが、

ポートレードモードで被写体深度(F値)を疑似的に変えられるような

インタフェースをiOS 12で採用。

背景のボケ具合を後からF値を調整するように変更できるようだ。

 

nanoSIM+eSIMのデュアルSIMに対応

XS/XS Max/XRはiPhoneで初めてデュアルSIMに対応。

eSIMとnanoSIMの組み合わせによるLTEの同時待受(DSDS)が可能。

中国向けのモデルのみ物理SIMを2枚使えるという。

 

補 足

3Dtouth

・・・ディスプレイを押した圧力をセンサーが感知して、

押す強さによって様々な操作ができる機能です。

こちらで簡単な使い方を説明しています。

 

デュアルSIM

・・・1台の端末に2枚のSIMをいれることができる端末のこと。

ディアルSIM詳細ページ

 

-サイエンス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ついにきた!時代は「フルサイズミラーレス一眼」へ!2大メーカーの挑戦!

キヤノンは、フルサイズのイメージセンサーを採用した 初のミラーレス一眼カメラ「EOS R」を発表した。 「EOS R」は、キヤノンとしては初めての フルサイズイメージセンサーを搭載したミラーレス一眼カ …

KDDI、「キッザニア」を子会社化!未来の職業体験(Iot・超高速通信「5G」)を導入!!

携帯電話大手KDDI(au)は10日、 子ども向けの職業体験型テーマパーク「キッザニア」を 国内で運営するKCJグループ(東京)を子会社化したと発表した。 あわせて、国内3カ所目のパークを 名古屋に2 …

ヘルメットも未来へ加速!!速度表示、GPS情報確認、その名も「スパルタ」!

ジャパンディスプレイ(JDI)は8月1日、 ヘルメットにヘッドアップディスプレイを組み込むことで、 オートバイで走行中も、進行方向から視線をそらさずに 速度メーターやGPS情報などを確認できる 「HU …

コンセプトは、「最も小さくて手頃な価格のSurface。」

Microsoftから、Surfaceの新型「Surface Go」が発表! 海外での発表で、 価格は399ドル(約4万4000円)からです。 今までのSurfaceライナップから、 大幅に価格を下げ …

近年多発する災害対策に朗報!再び脚光を浴びている方法とは?

手頃な通信手段として、1990年代に普及した、『ポケットベル』が再び脚光を浴びている。 使用する特有の電波が、建物内部でも届きやすく避難情報を伝える 個別受信機に使われ始めている。 大雨の時に防災行政 …