サイエンス

日本が誇るJAXAの技術「こうのとり」7号機、打ち上げ成功!

投稿日:

三菱重工業宇宙航空研究開発機構(JAXA)は23日午前2時52分、

国際宇宙ステーション(ISS)に物資を届ける無人補給機

「こうのとり」7号機を搭載したH2Bロケット7号機を

種子島宇宙センター(鹿児島県)から打ち上げた。

こうのとりは約15分後に予定軌道に投入され、打ち上げは成功した

 

「こうのとり」7号機

ISSに滞在する宇宙飛行士の生活物資や実験装置を運ぶ

約6トンの輸送量は現役では世界最大

今回は初めて実験試料を地球に持ち帰るための小型カプセルを搭載しており、

ISSに物資を届けた後、カプセルに試料を入れて

大気圏に突入させる実験を予定している。

カプセル内には、タイガー魔法瓶(大阪府)が開発した

真空断熱容器(容量約30リットル)があり、

この中に持ち帰る試料を収納する。

 

こうのとりはISS到着から約1カ月半後、ISSを離れ、

大気圏に突入する。

こうのとり本体は大気圏で燃え尽きるが、

突入前に分離したカプセルは南鳥島付近の太平洋上に落下する予定となっている。

 

JAXAの主力ロケット”H2A”、”H2B”

技術水準・経済性ともに世界のトップレベル

現在、主力大型ロケットとして日本で用いられているのはH-IIAロケットです。

日本初の純国産ロケットH-IIロケットで培われた技術をもとに開発され、

多様な人工衛星・探査機の打ち上げを高い信頼性と低コストで行うロケットです。

設計の簡素化や製造作業・打ち上げ作業の効率化によって、

打ち上げコストを2分の1以下に抑えるなど、

世界的にも有数のコストパフォーマンスを誇っています。

重量の異なる衛星に合わせて、4形態の標準型ロケットから選択できるなど、

運用面でも柔軟に対応しています。ロケットの大きさは、

H-IIA試験機1号機の場合、本体は直径4メートル全高53メートル

敷地が六畳ひと間の17階ビルといった感じです。

 

13号機から、H-IIAロケットの打ち上げ事業三菱重工業に移管され、

JAXA打ち上げ安全監理業務(地上安全確保業務、飛行安全確保業務、

カウントダウン時の総合指揮業務等)を実施しています。

 

H2AとH2Bを合わせた主力ロケットの成功率97・8%(46機中45機成功)となった。

H2Aロケット詳細ページ-JAXA公式ホームページ

 

参照:JAXAホームページより

参照:JAXAホームページより

 

-サイエンス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グーグルスマホ「Pixel(ピクセル)」ついに日本上陸!「iPhone」の対抗馬になる?気になる実力は?!

“ITの巨人”グーグルの純正スマホが日本上陸する。 これまでの海外での売れ行きや評判を聞くとともに、 間もなく発表される新端末のスペックや機能を予想! Pixelとは グーグル …

Googleマップを悪用した、新種の振り込み詐欺急増中!対策は?!

Googleマップを悪用した 新種の振り込み詐欺が増えているといわれている。 ユーザーが「情報の修正を提案」できる仕組みを使い、 地図上に表示される銀行の電話番号を勝手に改ざん。 ユーザーがその番号に …

あなたのスマホ(PC)は大丈夫?長期休暇中のセキュリティ対策!

お盆や夏休み期間中は、旅行など普段とは異なる環境で 端末やインターネットを使用する状況になりやすく、 ウイルス感染や不正アクセスなどの被害への対処が 遅れる可能性がある。 被害を少しでも抑えるセキュリ …

新iPhone登場!気になるスペックを紹介。

米Appleは9月12日(米国時間)、iOS搭載スマートフォンの新モデルとして 「iPhone XS」 「iPhone XS Max」 「iPhone XR」を発表した。 iPhone XS/XS M …

赤い星?”火星”大接近!15年に一度の天体ショー。

2018年7月31日、約2年2か月ぶりに火星と地球が最接近します。 約5760万kmまで近づき、2003年以来の大接近となります。 この前後、夏から秋にかけては、天体望遠鏡で表面の模様を観察する好機で …