生活

今宵は「中秋の名月」。日本の秋の夜長を”十五夜のお月見”で楽しもう!

投稿日:

2018年の「中秋の名月」は9月24日

そこで今回は、「中秋の名月」についてご紹介します。

「中秋の名月(十五夜)」とは?

旧暦の8月15日です。

「月の満ち欠けのサイクルがちょうど1か月ではない」などの理由から、

中秋の名月=満月」とは限りません。

今年の「満月」は、あす9月25日(火)の午前11時52分

日本では月が地平線の上に出ていないため見えない時間帯ですが、

満月前後の月はとても明るく見ごたえのあるもの。

今夜からあすにかけて見られる月は「ほぼ満月」で、

晴れていれば美しい姿をみせてくれるでしょう。

お月見の定番、すすき&月見団子

<すすき>を飾るのは?

月の満ち欠けなどを用いて暦を計算した旧暦では、

人々の生活と月は密接につながっていました。

特に農作業に従事する人々は欠けたところのない満月を

豊穣の象徴とし、秋の収穫の感謝を込めて

芋や豆などの収穫物を月に供えました。

しかし、稲穂はまだ穂が実る前の時期であることから、

穂の出たすすきを稲穂に見立てて飾ったと言われています。

 

<月見団子>を飾るのは?

月見だんごは、基本的には12個、うるう年のお月見には13個

お供えするのがしきたりでしたが、

いまは十三夜に13個、十五夜に15個というのが多いようです。

まんまるなおだんごを月に見立てて食べることで、

健康や幸せを願うと言います。

 

十三夜とは?

旧暦の9月13日の夜を「十三夜」と呼び、

十五夜と十三夜の両方の月を愛でないと、

お月見をしたとは言えない・・・という風習もあります。

「後(のち)の月」とも呼ばれる十三夜は、

今年(2018年)は10月21日(日)です。

中秋の名月に雲がかかって姿が見えない地域でも、

十三夜に期待しましょう。

 

ま と め

空気が澄んで1年で最も月が美しく見える日が十五夜(中秋の名月)です。

どれだけ時代が変わっても月の美しさだけは変わりません。

 

今宵は夜空を見上げて、名月の美しさを感じてはいかがでしょう?

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大阪北部地震ー地震後に新たな活断層のひずみ、いざという時の備えは?

 今月18日に大阪府北部の地震が発生したあと、周辺の活断層に新たにひずみが たまっていると見られることが、活断層の専門家の解析でわかりました。 専門家は、これまでより大きな地震が起きやすい状態になって …

40歳以上であるある体の悩み、原因と正しい対処法を知って楽しい人生に!

年を重ねるごとにその年代で内容は違うものの、話題になることとして 上げられるのが「病気」に関することではないでしょうか。   これって「病気」?直す方法はあるの?などを調べてみました。 &n …

血圧について、”高い”とどうなる?

健康診断で、”血圧が高い”と言われました。 ん?・・・ところで、この血圧が高いと、体にどういう影響があるんだろうか? と思い、調べてみました。 <血圧の基礎知識> 収縮期血圧=最大血圧 ・・・上の血圧 …

再生エネを「主力電源化」と明記!

 政府は3日、中長期的なエネルギー政策の方向性を示す 「エネルギー基本計画」 を4年ぶりに改定し、閣議決定した。太陽光や風力など再生可能エネルギーを「主力電源化」と明記。 原発はエネルギー安定供給を支 …

消費増税が予定通り2019年10月実施・・・首相表明。日本の景気はどうなる?最低限の備えを今のうちに!

安倍首相は、消費税率を来年10月1日に 現行の8%から10%へ予定通り引き上げる方針を固めた。 社会保障制度を全世代型に転換する財源を確保するため、 増税は不可避だと判断した。 15日の臨時閣議で表明 …