エンタメ

TVアニメ『シュタインズ・ゲートゼロ』完結!(ネタバレあり注意!)

投稿日:

『シュタインズゲート』とは?

2011年4月から同年9月までテレビアニメ『STEINS;GATE』が、

独立UHF局ほかAT-Xにて放送された。全24話。

原作ゲームのストーリーに沿った内容で映像化され、

トゥルーエンディングに至るまでの物語が描かれた。

セル版のBD/DVD第9巻には、

特典映像のスペシャルとして後日談の第25話が収録された。

 

2013年4月20日に

劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ

(げきじょうばん シュタインズ・ゲート ふかりょういきのデジャヴ)が

劇場公開された。

MAGES.が完全監修した「完全新作」ストーリーのもと、

「トゥルーエンド」(テレビアニメ版最終回)の後、

ラボメンたちに振りかかった事件を描いた映画である。

 

2015年12月に『STEINS;GATE』第23話の一部シーンを

『シュタインズ・ゲート ゼロ』の世界線につながる新作パートに差し替えた

「第23話(β)」が放送された。

 

2018年4月よりテレビアニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ』が放送中。

同名の続編ゲームのアニメ化となる。

 

プロローグ

前作『CHAOS;HEAD』で描かれた、

「ニュージェネレーションの狂気」による渋谷崩壊から1年後。

秋葉原を拠点とする小さな発明サークル「未来ガジェット研究所」の

リーダーを務める大学生の岡部倫太郎は、

研究所のメンバー(ラボメン)の橋田至

幼馴染でもある椎名まゆりと共に、

日々ヘンテコな発明を繰り返していた。

 

2010年7月28日、岡部はまゆりと共に向かった講義会場で

天才少女の牧瀬紅莉栖と出会うが、ラジ館の8階奥では

血溜まりに倒れている紅莉栖を目撃し、

そのことを橋田へ携帯メールで報告する。

その直後、めまいに襲われた岡部が我に返ると、

ラジ館屋上には人工衛星らしきものが墜落しており、

周辺は警察によって封鎖されていた。

先ほど送信したはずのメールはなぜか

1週間前の日付で受信されており、

周囲が話すここ最近の出来事と岡部の記憶の間には、

齟齬が起こっていた。

 

タイムマシンの発明

橋田や紅莉栖の検証の結果、発明品である「電話レンジ(仮)」が、

携帯メールを過去へ送るタイムマシンとしての機能を備えていたことが判明する。

Dメール」と名付けたそれを過去に送信するたびに、

世界線の移動」と呼ばれる現象が発生して

メールのメッセージ内容に影響を受けた人々の過去が改変されるが、

なぜか岡部の記憶だけはそのままであった。

岡部たちは電話レンジの改良を進めながら、

ラボメンたちを実験台にして試行錯誤を繰り返す。

Dメール実験の対象者は変えたい過去をそれぞれ隠し持っており、

事実上の過去改変が次々に行われる。

しかし、これらの改変は一見ささいなものでも、

バタフライ効果の影響で予想外に大規模な影響を周囲にもたらしていた。

さらに、橋田と紅莉栖は電話レンジの機能を拡張して

SERNのLHC(大型ハドロン衝突型加速器)へ接続することにより、

人の記憶を過去の自分に届けるタイムリープマシンを完成させる。

これが原因で、岡部らはタイムマシンの秘密を狙う本物の秘密組織に、

命を狙われることになる。

 

過去改変による惨劇の回避

仲間たちの願いが反映された現在の世界線(α世界線)の先には

絶望的な未来が待ち構えており、それがラボメンの1人の命運にも関わっているため、

何度やり直してもその残酷な結末を変える試みは

世界線の収束」に阻まれてしまう。

この結末を変えるためには、世界線を大きく変えて

「世界線変動率1%台のβ世界線」を目指さねばならないが、

そのためにはすべての過去改変をキャンセルしなければならなかった。

やがて岡部は、β世界線へ移動すればまた別の惨劇が起こることを知る。

つまり、αでもβでも大切な仲間の1人に悲劇の手が伸びるが、

そのどちらかを選択しなければならないのだ。

そんな岡部を、紅莉栖は進むべき道へと後押しし、

自らが犠牲になることを決断する。

紅莉栖のいない世界で絶望する岡部は、

思わぬ形で与えられた「本当の未来技術」を用いて、

仲間や世界の命運のためにもう一度立ち上がることを決意する。

過去の岡部が観測し、確定した事実は変えられない

という制約条件のもとで、時空間的に絡み合った謎を解きほぐして

β世界線の未来に待ち受ける第三次世界大戦を回避し、

すべての仲間たちを救う方法はあるのだろうか。

 

シュタインズ・ゲートゼロ

β世界線に戻った岡部は、過去に戻り紅莉栖を救う好機を得たものの、

世界線の収束という巨大な壁を前にして紅莉栖の救済を諦めてしまった。

紅莉栖の死から4か月。岡部は平凡な大学生生活を送り、

ラボからも足が遠のいていた。

ラボでは未来から来た阿万音鈴羽が過酷な未来を変えるため苦悩していた。

レスキネン教授の人工知能に関するセミナーに出席した岡部は、

比屋定真帆と知り合う。

岡部は紅莉栖の記憶をベースにした人工知能「アマデウス紅莉栖」のテスターとなり、

端末を通して紅莉栖と交流する。

まゆりの発案によりラボメンのクリスマスパーティが開かれ、真帆も打ち解ける。

鈴羽はタイムマシンに一緒に乗せていた少女・椎名かがり

1998年の秋葉原で行方不明になっていることを打ち明け、

ラボメンたちに協力を求めるが手掛かりは見つからなかった。

ダルは調査のプロであるという桐生萌郁に捜索を依頼する。

年末、るかが紅莉栖にそっくりな記憶喪失の少女を連れてくるが、

彼女が椎名かがりと判明。

正月、初詣を終えたラボメンはラボでパーティを開く。

真帆は一同にアマデウス紅莉栖を紹介するが、突然表示が切断される。

そこへ武装集団が押し入り、かがりを連れ出そうとするが、

天王寺の助けで難を逃れる。

 

突然アマデウス紅莉栖から助けを求める着信が入る。

岡部にリーディングシュタイナーが発動し、世界線が移動。

そこには本物の紅莉栖がいたが、まゆりが病死したα世界線だった。

紅莉栖は岡部が別の世界線から来たことを察知し、β世界線に帰還させる。

 

病院のベッドで目覚めた岡部は、真帆の周囲で

不審な事件が起こっていることを聞く。

真帆はアメリカ帰国が決まり、アマデウス紅莉栖も復旧。

真帆は岡部に、紅莉栖の遺品の

ロック解除できないノートパソコンを持っていると打ち明ける。

パソコンに入ったタイムマシン論文の争いが

世界を破滅させるパンドラの箱と戦慄する岡部。

武装した工作員たちに襲われ絶体絶命となるが、

他国の工作員が現れ、銃撃戦でパソコンは破壊される。

真帆はアメリカに帰国し、アマデウス紅莉栖のテスターも終わる。

かがりはまゆりの口ずさむ歌を聞いて、

彼女が自分の「ママ」だったことを思い出す。

まゆりに甘えるかがりに鈴羽はいらだち、険悪な雰囲気に。

まゆりはかがりを元気づけるパーティを開く。

岡部は萌郁の案内で、かがりが捕らえられていたと思しき施設跡を発見する。

同じころ、パーティに向かっていたはずのかがりが行方不明になる。

かがりの失踪から数か月。

夏のある日、鈴羽はラボで黒いライダースーツ姿のかがりに襲撃され、

彼女が洗脳されていると確信する。

鈴羽とダルはタイムリープマシンを作るため、真帆を来日させる。

ダルと真帆は、ひそかに電話レンジ(仮)の修理をするが、

これを知った岡部は激怒。過去を変えてはならないと主張する岡部に、

真帆はまゆりも紅莉栖も死なず第三次世界大戦も起きない

「シュタインズゲート」を探すと説得する。

まゆりは自分のために岡部が苦しんでいると知り悩む。

 

鈴羽はタイムマシンの残りの燃料で1年前に戻ると決める。

まゆりも岡部のためにタイムマシンに乗り込む。

そこへ武装集団が襲撃するが、再びあらわれたかがりが工作員たちと戦う。

まゆりを追ってきた岡部にレスキネン教授が真相を明かす。

かがりを洗脳したのは2036年のレスキネンで、

タイムマシンを奪う遠大な計画だった。

鈴羽とまゆりの乗ったタイムマシンはヘリからミサイルで撃墜される。

『シュタインズ・ゲートゼロ』公式サイト

-エンタメ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

安室奈美恵ファイナルツアーin Asia。最後にみせた涙

熱狂!アジアツアー!! 中国・深圳と香港、台湾の3都市で行なわれたツアーの模様を 一挙公開するという内容で、アジアのファンと交流する姿や、 リラックスした素顔など様々な表情を見せる。 今回の中国公演を …

「半分、青い」外伝!SNSでストーリー言及。連ドラの新たな楽しみ方!

連続テレビ小説『半分、青い。』 (月~土8:00~8:15 NHK総合 ほか)の 脚本家・北川悦吏子氏のTwitterが注目を集めはじめたのは、 6月25日事前にTwitterで“神回予告”を行なって …

『下町ロケット』10月放送決定!”宇宙”から”大地”へ・・

あらすじ ある日、帝国重工の社長交代により、スターダスト計画は次回で終わるかもしれない… と帝国重工から告げられ、佃はショックを受ける。   ロケット製造に関わることは佃の夢であ …

創作あーちすと”のん”、中国進出。CM抜擢にSNS上で話題に!!

女優ののんさんが、中国で化粧品の広告に起用され、話題になっている。  ロート製薬のスキンケアコスメ「肌ラボ」シリーズの広告で、 9月末から中国、香港、マカオ、台湾と中華圏全土でCMや広告が順次展開。 …

肉体と魂が分離してしまったソウゴ。ソウゴの意識を取り戻すため、ゲイツはアナザーゴーストに戦いを挑む!ep14

<エピソード14 GO!GO!ゴースト2015> ー あらすじ ー アナザーゴーストとの戦いで肉体と魂が分離してしまったソウゴ。 ゲイツはソウゴの意識を取り戻そうと、 2015年の世界へ行きライダーゲ …