サイエンス

グーグルスマホ「Pixel(ピクセル)」ついに日本上陸!「iPhone」の対抗馬になる?気になる実力は?!

投稿日:

“ITの巨人”グーグル純正スマホが日本上陸する。

これまでの海外での売れ行きや評判を聞くとともに、

間もなく発表される新端末のスペックや機能を予想!

Pixelとは

グーグルが自社で発売しているAndroidスマホのブランド

10月9日(現地時間)に米ニューヨークで行なわれるイベントで

新型機が発表されるとみられており、どうやらそれが日本に投入されるようだ。

 

ん?グーグルって「Nexus」という名前で端末をだしてたような・・・

Nexusは2010年から16年にかけて販売され、

台湾のHTC、韓国のサムスン、LGが製造を担当していました。

グーグルが開発したスマホOSのAndroidは、

端末メーカーごとに使い勝手がカスタマイズされていることが多く、

アプリ開発者にとってはどのメーカーに合わせればいいのかが

悩みのタネだったんです。

そこで主に開発者向けに、最新かつ、いわゆる”素”のAndroidを

搭載した端末として、Nexusを出しました。

標準機であるNexusで動くようにアプリを作れば、

他メーカーのAndroid機でも使えますから」

 

「知名度のなさが響き、一部モデルが導入された日本を含め、

ヒットには至りませんでした。

やがて、16年に発表された初代Pixelと入れ替わる形で、

ブランドごと消滅したのです」

 

「端末の立ち位置が変わったからです。より一般ユーザーに比重を置き、

グーグルアシスタントなどの自社サービスを総合的に使ってもらうための接点として、

自前で端末も提供していくという方針になったのです」

 

「最新版の素のAndroidで動くところは、Nexusから引き継いでいます。

サイズは2種類あり、HTC製の初代ならディスプレーが5インチと5.5インチ、

昨年発売されたPixel2なら5インチ(HTC製)と

6インチ(LG製)がそれぞれ設定されています。

 

最上位のチップセットを採用するなど、Android機の中では

ハイエンドクラスに分類され、1レンズながらカメラ性能が高いのも特徴です。

しかし、デザイン的にも機能的にも飛び抜けた特徴がなく、

アメリカなど限られた国でしか売られていないこともあり、

市場で存在感を示すまでには至っていません」と、携帯電話ライターの佐野正弘氏が語る。

 

なぜ、いま日本上陸?

初代も2代目も日本で販売されることはなかったが、

3代目発表を機に投入してくるのには理由がある。

 

「初代はグーグルアシスタントが使えることを売りにしていたのですが、

当時はまだ、日本で同サービスが開始されていませんでした。

それがここへきて環境が整ったので、満を持しての登場となったのでしょう」

(佐野氏)

 

「Pixel3」詳細情報ページ

 

ま と め

「Pixel3」シリーズ、日本発売が確実視されている。

 

ようやく日本に上陸するPixelシリーズ。

2年待たされたユーザーを価格でがっかりさせないように期待したい。

-サイエンス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

“セミ”が救世主に!?関西大教授が成功した、世界初の研究内容とは?

 クマゼミの羽の構造をまねて、 強力な抗菌効果がある材料を作り出すことに 伊藤健・関西大教授(ナノ・マイクロ科学)のチームが 世界で初めて成功した。 薬剤などを使わず、物理的に細菌を死滅させられる 安 …

KDDI、「キッザニア」を子会社化!未来の職業体験(Iot・超高速通信「5G」)を導入!!

携帯電話大手KDDI(au)は10日、 子ども向けの職業体験型テーマパーク「キッザニア」を 国内で運営するKCJグループ(東京)を子会社化したと発表した。 あわせて、国内3カ所目のパークを 名古屋に2 …

コンセプトは、「最も小さくて手頃な価格のSurface。」

Microsoftから、Surfaceの新型「Surface Go」が発表! 海外での発表で、 価格は399ドル(約4万4000円)からです。 今までのSurfaceライナップから、 大幅に価格を下げ …

近年多発する災害対策に朗報!再び脚光を浴びている方法とは?

手頃な通信手段として、1990年代に普及した、『ポケットベル』が再び脚光を浴びている。 使用する特有の電波が、建物内部でも届きやすく避難情報を伝える 個別受信機に使われ始めている。 大雨の時に防災行政 …

赤い星?”火星”大接近!15年に一度の天体ショー。

2018年7月31日、約2年2か月ぶりに火星と地球が最接近します。 約5760万kmまで近づき、2003年以来の大接近となります。 この前後、夏から秋にかけては、天体望遠鏡で表面の模様を観察する好機で …