エンタメ

”岡山の奇跡”桜井日奈子、恋愛映画出演で魅せる新たな魅力!

投稿日:

大東建託「いい部屋ネット」などのCMで

明るいキャラクターを発揮して、親しみやすい魅力を持つ

女優として人気を集める桜井日奈子さん

 

2018年は4月に公開された

『ママレード・ボーイ』で吉沢亮とW主演、

11月9日に公開される

『ういらぶ。』でヒロイン役。

共に少女漫画が原作の恋愛映画で、

新境地を見せた1年となった。

 

桜井日奈子さんコメント

「恋愛ものを演じたことはありませんでしたが、

『ママレード・ボーイ』も『ういらぶ。』も、

原作の漫画を参考にしながら役を作っていたので、

難しくはなかったです。

高校を卒業してからそれほど時間はたっていませんけど、

制服を着ることができるのはワクワクしました。

今しかできない作品だと思うので、うれしいです。

 

撮影現場では、みなさんとお話したいんだけど、

何を話せばいいのかが分からなくて、まだまだ緊張します。

何かを聞かれて、『はい、そうですね』と答えると、

そこで話が終わってしまうという、

会話キラーの部分があるんですよね(笑)。

でも、『ういらぶ。』は年齢が近い共演者の方が多くて、

萎縮せずに、気を張らないでいられました。

のびのびできて、楽しいという思い出ばかりです」

 

桜井日奈子(さくらい ひなこ)

生年月日  : 1997年4月2日

出身地   : 岡山県岡山市

血液型   : O型

事務所   : イノセント

公式サイト : 桜井日奈子オフィシャルブログ

特技    : バスケットボール

 

『ママレードボーイ』あらすじ

女子高生の小石川光希(桜井日奈子)は、ある日突然、

両親から離婚することを告げられる。

ハワイ旅行で出会った松浦夫妻と気が合い、

母親がその夫と、父親がその妻と恋に落ちたため、

なんと、お互いパートナーを交換して再婚すると言う。

しかも、松浦夫妻の1人息子で

光希と同い年の遊(吉沢亮)も含めて、

みんなで一緒に暮らそうとまで言い出す始末。

そんな常識はずれな両親たちのもと、

ひとつ屋根の下で暮らし始める光希と遊。

異常すぎる両親たちと一定の距離を保ちたい光希に対して、

そんなことはまったく気にする様子のない遊。

クールな中にも時折見せる遊の優しさに

次第に惹かれていく光希。

そんな中、中学のとき、自分を振ったはずの銀太が

光希に「ずっと好きだった」と告白。

昔、遊の彼女だったと主張する亜梨実も現れ…。

 

・原作は、1992年から95年までにわたり、集英社の少女コミック誌「りぼん」

連載された”吉住渉”さんの作品。

『ういらぶ。』あらすじ

同じマンションに住む幼なじみ4人組。

お互い”大好きすぎて「好き」って言えない”

こじらせまくりの凜と優羽、

そんなふたりを心配して見守る暦と蛍太。

 

最強幼なじみチーム4人の前に、

”好きなら好きとハッキリ言う”

ライバル兄弟・和真と実花が現れる。

ずっとこのまま変わらないと思っていた2人の恋と

4人の友情は、思わぬ方向へ動きはじめて!?

 

・原作は、”星森ゆきも”さんの作品。

 

桜井日奈子さんの動画を集めてみました

○ 出身地の岡山市PR動画。

岡山市PRムービー:ORICONより

○ 『ういらぶ』本予告

 

○ ミュージカル鬼カワイイ岡山市

 

-エンタメ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仲間由紀恵、双子男児出産。帝王切開での早めの出産を選択。

 女優、仲間由紀恵(38)が先月下旬に 第1、2子となる一卵性の双子の男児を出産したことが5日、分かった。 仲間は2014年9月に俳優、田中哲司(52)と結婚。 結婚約4年で待望のママになった。 所属 …

NHK特番『ジブリのうた』放送!案内役は神木隆之介、ナレーションは入野自由。

NHK総合で、スタジオジブリの高畑勲監督と 宮崎駿監督が、心をこめて創り上げてきた 作品にスポットをあて、世代を越えて 愛される音楽を主役にした 特番『ジブリのうた』が 8月9日(後7:58~8:43 …

『おげんさんといっしょ』が帰ってきた!新たなおげんさんファミリーって誰?

星野源の初冠音楽番組であり、本番、何が起こるか誰も予測できない 「視聴者参加型」の生放送で展開する『おげんさんといっしょ』の第2弾! 星野源さんが昭和のお母さんに扮し、「おげんさん一家」で音楽を楽しむ …

「進撃の巨人」ハリウッドで実写映画化決定!

人気漫画「進撃の巨人」(諫山創さん著)が、 米ハリウッドで実写映画化されることが決まった。   ストーリー展開や公開時期は未定だが、 監督は「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」など …

庵野秀明監督と、宮崎駿監督の関係がステキ!

二人の出会いは、『風の谷のナウシカ』 『風の谷のナウシカ』を制作していたころ、 人手不足でこまっていたとき、 『アニメージュ』に作画スタッフ募集を 掲載。それを見た大学生・庵野秀明が 応募して、才能を …