エンタメ

ウッディ、バズ、ジェシーが帰ってくる!『トイ・ストーリー』、新しい仲間が加わった最新作ティザー公開!!

投稿日:

来年のサマーシーズンに全米公開される人気シリーズ最新作

トイ・ストーリー4(原題)のティザー予告編が、

ディズニー/ピクサーのYouTubeチャンネルで公開された。

 

1995年の1作目誕生から、人知れず人格を持って生きる

おもちゃたちの大冒険を描いてきた同シリーズ。

ファン待望の初映像では、カウボーイ人形のウッディや、

バズジェシーミスター・ポテトヘッドなど、

おなじみのおもちゃたちが、

笑顔で輪になって手をつなぐ姿が映し出されている。

 

 のどかな雰囲気が漂うなか、輪の最後には、

フォーク型の新キャラクターが登場。

おびえた顔で「僕はここにいるべきじゃない!」と逃げ出すと、

おもちゃたちの輪はしっちゃかめっちゃかに。

同社が発表したあらすじによると彼は、

ウッディたちが面倒を見ているボニーが

新たに自分の部屋に迎えた

“フォーキー”という名前のキャラクター。

「僕はおもちゃじゃないんだ!」と叫ぶ彼の存在が、

本作では大きな鍵となりそうだ。

 

監督は『インサイド・ヘッド』の脚本家で、

短編「ライリーの初デート?」を手掛けたジョシュ・クーリー

同作を手掛けたジョナス・リヴェラがプロデューサーを務める。

脚本は『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)に

ノンクレジットで携わっていたステファニー・フォルサム。

全米公開は2019年6月21日を予定している。

引用:シネマトゥディ

『トイ・ストーリー』ってどんな映画?

ストーリー1

カウボーイ人形のウッディは、古めかしいおしゃべり人形。

背中の紐を引っぱると、パンチの効いた

「カウボーイトーク」を聞かせてくれる。

そんなウッディはアンディ少年の大のお気に入りで、

彼は毎日のように、いろいろなおもちゃを取り混ぜながら

カウボーイごっこに興じるのだった。

そうしてアンディが楽しく遊ぶおもちゃ達には、

とても大きな秘密があった。

彼らは実は生きていて、話したり自由に行動したりできるのだ。

しかし、それを人間に知られてはいけないというのが

おもちゃのルール」なのだ。

ウッディは、アンディの一番のお気に入りのおもちゃで、

おもちゃ達のリーダーでもあった。

 

そして、今年もアンディの誕生日がやってきた。

おもちゃ達はこれから共に過ごすことになる新顔に

興味津々だが、ウッディの気持ちは落ち着かない。

「新しいおもちゃがアンディのお気に入りになれば、

自分はお役御免になってしまう」、

そう考えると気が気ではなかったのだ。

ところが、そんなウッディの心情をよそに現れたのは、

最新の宇宙ヒーロー、バズ・ライトイヤーだった。

技術の粋を結集したようなバズに、

アンディは案の定夢中になってしまう。

また、バズ自身も自分が本物のスペースレンジャーだと信じて、

飛行能力を証明するため高みから飛び降りたりする。

これにはアンディのおもちゃ達までが心を奪われてしまう。

 

そんな中、デイビス家が引っ越すという新たな問題が持ち上がる。

その騒ぎの最中、バズがアンディの部屋の窓から転落する

という大事故に見舞われる。

しかし、他のおもちゃ達は、ウッディが

自分に取って代わりそうなバズを突き落としたのだと誤解しはじめる。

一方ウッディは、アンディに連れられて

「ピザ・プラネット」というレストランに連れて行かれる途中、

二人を尾行してきていたバズに会って喧嘩となり、

夢中になるうちガソリンスタンドでアンディとはぐれてしまう。

必死に彼を追う二人だったが、道すがら「おもちゃ殺し」

と称される隣家に住む少年シドに発見され、

そのまま連れ去られてしまう。

 

彼の部屋に閉じ込められたウッディとバズは、

もうすぐ引っ越してしまうアンディの家へ戻ろうと試みる。

しかし、テレビで流れていた

バズ・ライトイヤーのCMを見たバズが

自分がおもちゃであることに気づき落ち込み、

さらにはシドがバズにロケット花火を括り付け爆発させようとする。

ウッディはシドのおもちゃたちの協力を得て、

バズを救出することに成功する。

 

だが、デイビス家が乗った車や

アンディのおもちゃたちを乗せた引っ越しトラックが出発してしまう。

ウッディとバズはトラックを追いかけるが、間に合わなかった。

そんな中、ウッディがバズに括り付けられたロケット花火の存在を思い出す。

2人は、ロケット花火を利用してアンディの元へ戻ることが出来た。

 

その後、アンディ達は引っ越し先でクリスマスを迎える。

おもちゃ達は、新しいおもちゃがプレゼントされないか心配していたが、

プレゼントの中身は子犬(バスター)だった。

そして、冒険を共にしたウッディとバズは固い友情を誓ったのだった。

 

ストーリー2

前作の冒険で、共に危機を脱して

「アンディのお気に入りのおもちゃ」として固い友情を誓った

ウッディバズ・ライトイヤーは、

いつものようにアンディ少年に楽しく遊んでもらっていた。

今ではアンディ少年の利口な飼い犬バスターも、

おもちゃたちの良い友達である。

だが、そんなおもちゃたちには実は秘密があり、

本当は人間が見ていないときは自由に歩き回ったり

おもちゃ同士でおしゃべりしたりする。

これは「絶対に人間に知られてはいけないおもちゃたちのルール」なのである。

 

そんなある日、重大な問題が発生した。

なんとウッディの右肩の糸がほつれて綿がはみ出してしまった。

カウボーイ・キャンプにウッディを

連れて行こうとしていたアンディは落胆し、

ひとりでキャンプに出かけるが、

ウッディは連れていってもらえなかったことを深く落ち込む。

挙句には自分がアンディに捨てられる悪夢まで見る始末。

そんな矢先にガレージセールで不要品を売る事になり、

アンディの部屋からは長らく棚の上に忘れられ、

その上ホコリを被ってしまい鳴けなくなっていた

ペンギン人形ウィージーが売りに出される事に…。

おもちゃ仲間が売りに出されたウィージーを心配する中、

ウッディはほつれた体をおしてバスターを駆り、

ウィージーを救出する作戦を決行する。

だが入れ違いにウッディがガレージセールの列に取り残されてしまった。

おまけにたまたまガレージセールを見に来ていた

おもちゃマニアで玩具量販店「トイ・バーン」経営者アルに見つけられ、

ウッディを譲ってほしいとママに交渉する。

ママは売るのを拒否したが、アルは隙を突き、

ウッディを強奪してしまう。

このままではウッディが日本のおもちゃ博物館に売り飛ばされてしまう!

バズたちアンディのおもちゃは、

盗まれてしまったウッディを救出するべく行動を開始した。

 

一方のウッディだが、アルの手配した職人によって丁寧に修復され、

長い間に落ちた塗装は塗りなおされ、汚れはきれいにされて、

ピカピカの新品同様になっていた。

しかもなんと、彼は白黒テレビの時代には絶大な人気を誇りながら、

スプートニク・ショックのあおりを受けて打ち切りとなった

カウボーイ・ドタバタ人形劇

ウッディのラウンドアップ』の主役で、

今では数少ないキャラクターグッズだった。

往年の人気番組だけあって、ランチボックスや

レコード・ラジオといった様々な関連グッズが揃い、

また同じ人形劇内に登場していた人形仲間である

お転婆カウガール人形ジェシーや、

ちょっとそそっかしい金鉱掘りプロスペクター

そしてウッディ、ジェシーの愛馬である

ブルズアイとも出会ったウッディは、ただただ呆然と自分の

「レアグッズ」としての価値を認識する。

そしてウッディを加えた「ラウンドアップの仲間」は、

近い内に日本のおもちゃ博物館に売却され、永久保存されるのだという。

しかし、ウッディは持ち主がいるので行けないと断る。

それを聞いたジェシーたちは倉庫に逆戻りにされてしまう。

ウッディは戸惑ってしまう。

 

カウガールのジェシーは自分の過去を語る。

ウッディと同じように持ち主に大切にされたが、

やがて持ち主が成長してベッドの下に忘れ去られ、

そのまま捨てられた後、ガレージセールで売りに出された過去を述べていた。

プロスペクターに至ってはおもちゃ屋の棚で売れ残ってしまった事から

すっかり心を閉ざしてしまっていた。

そして彼に語る。「アンディは大人になるが、止められない。

日本の博物館に行けば、ラウンドアップの仲間たちは永遠に一緒だ」

とウッディを説得する。

それにウッディは同情して、自分も博物館に行くことを決意する。

 

一方、ウッディを助けに来たアンディのおもちゃ達は

アルのトイ・バーンでウッディを探していた。

その途中でバズがベルト付きのニュー・バズに捕まり、

成り代われてしまった。

一同が混乱する中、ようやくウッディを見つけたアンディのおもちゃ達は

本物のバズと遭遇する。

本物バズはウッディに帰るように言うが、

ラウンドアップの仲間を見捨てたくないと言う。

それを聞いてバズはウッディに愛想を尽かし、帰ってしまう。

途方に暮れたウッディはビデオを見ると、

そこには歌っている途中で子供に抱きしめられている自分の姿が。

それを見たウッディは自分の過ちに気付き、帰ることを決意し、

ラウンドアップのみんなを連れて一緒に帰ることを選んだ。

しかし、プロスペクターは反対だった。

誰よりも博物館に展示されていることを望んだ彼は

「誰にも邪魔はさせんぞ」と言い放つ。

そして、プロスペクターはウッディを無理やり箱に入れると、

そのままアルに連れていかれてしまった。

バズたちもエレベーターに乗ってウッディを追うが、

そこには悪の帝王・ザーグが待ち構えていた。

ニュー・バズがザーグに苦戦しているのを見たレックスは、

ザーグをエレベーターから突き落としてしまった。

遂にザーグを倒したレックスは大喜び。

一方、バズたちはあと一歩のところで、ウッディを救出できずにいた。

そこで彼らは近くにあった、ピザ・プラネットの車を運転して

追いかけようとした。

バズはニュー・バズを誘おうとするが、

彼はザーグと親子のように仲良くしたので、その場でわかれた。

そして、ようやく飛行場に着いた。

バズたちは飛行場内でウッディを捜索する。

バズはようやくウッディを見つけるが、プロスペクターに殴り倒されてしまった。

怒ったウッディはプロスペクターに殴りかかるも逆にやられ、

腕に傷をつけられてしまう。

プロスペクターは「バラバラにされるのが嫌ならついていくか」

とウッディを脅すが、ウッディは断った。

プロスペクターはウッディにツルハシを振り下ろそうとするが、

バズたちのフラッシュ攻撃に怯んで、バズに捕まってしまった。

プロスペクターは「いつか捨てられる」と悪あがきをするが、

ウッディは「なんとでも言え、お前にも遊びの楽しさを教えてやる」と

プロスペクターを、人形に落書きをする女の子のリュックに入れてしまった。

プロスペクターを追い払ったウッディはジェシーを助けようとするが、

一足遅くジェシーはそのままエアカーゴの中へ。

ウッディとバズはブルズアイに乗るとエアカーゴまで、走っていった。

ジェシーの入った箱は他の荷物と共に飛行機内へ。

ウッディも荷物に紛れて、飛行機に入ることに成功する。

ウッディはジェシーを見つけて帰ろうとするが、

ジェシーは嫌われると不安がっていた。

しかし、ウッディからアンディに妹がいると聞かされて、

上機嫌のジェシーは早速飛行機から降りようとするが、

飛行機のドアは閉まってしまった。

そこで彼らは非常口から出ようとするが、ウッディが足を滑らせてしまった。

ジェシーはウッディの腕を掴むが、ウッディは帽子を落としてしまった。

その時、帽子をキャッチしたのはブルズアイに乗ったバズだった。

飛行機が離陸する前になんとかしなくては。

そこでウッディはバズを飛行機の車輪の後ろに誘導させ、

背中の紐を車輪のネジに引っ掛けた。

ウッディはジェシーに「番組の最終回だと思えばいい」と言うが、

ジェシーは「打ち切りになったままよ、どうなるのかもわからないのに」と言い返す。

そんな彼女にウッディは「俺たちで続きを作ろう」と言うと、

ジェシーは決心して飛び降りた。ウッディとジェシーはブルズアイの上に見事着地。

飛行機は彼らが降りていることも知らずに、飛び去っていった。

ジェシーはウッディの活躍に感激し、そのままアンディの家に帰っていった。

 

アンディがキャンプから帰って来た。

ウッディを心配していたアンディは棚の上を覗くと、そこにはウッディはいなかった。

そして、振り向くとベッドには「おかえりアンディ」と書かれた

ボードとおもちゃたちがアンディを待っていた。

アンディはママが新しいおもちゃを購入したと勘違いしながらも喜び、

ジェシーとブルズアイもアンディのおもちゃの仲間入りになって喜んでいた。

ウッディの破れた腕はアンディによって修理されていた。

ウッディも一安心。一方、ミスター・ポテトヘッドもミセスとラブラブだった。

しかし、最悪なことにピザ・プラネットのエイリアンたちまでついてきてしまい、

さらにミセスは「この子を私たちの子にしましょう」と提案し、

ミスターは呆れかえってしまった。

さらにウィジーが修理され、普段とは違う男らしい声で歌い出した。

ウッディはアンディの将来を心配していたが、

バズと共にアンディを見守ることにした。

そして、アンディのおもちゃたちはウィジーの歌を聞いて盛り上がっていた。

 

ストーリー3

第1作から10年後。

おもちゃ達の持ち主であるアンディ・デイビスは17歳になっており、

おもちゃと遊ぶことからは卒業している。

そして、もうすぐ大学に進学しようとしている。

アンディは大学の寮へ引っ越すことに際して、

長年のお気に入りだったウッディだけをそこに持っていき、

バズ・ライトイヤージェシーをはじめとする

他のおもちゃたちは全て屋根裏部屋にしまうことを決めた。

ところが、屋根裏部屋行きのおもちゃたちが

デイビス夫人の手違いでゴミに出されるという事件が起こる。

危ういところで難を逃れたおもちゃたちは、

直前のアンディとデイビス夫人の会話で

「ガラクタだ」と言われたことにショックを受け、

完全に捨てられたと思い込み、地元の託児所へ寄付される

おもちゃたちの段ボールに入り込む。

託児所「サニーサイド保育園」に到着した彼らは

そこのおもちゃたちに歓待を受け、

優しい性格のクマのぬいぐるみロッツォ・ハグベアから、

ここがいかに素晴らしい場所かを聞かされ、

留まることを決意する。

仲間を説得するために同行していたウッディは、

彼らの決心が堅いことを知り、

失望して1人でサニーサイドを去っていく。

しかし、外へ出たところでサニーサイドから帰宅する途中だった

4歳の少女ボニー・アンダーソンに拾われ、ウッディは彼女の家へ。

ボニーに遊んでもらったウッディは、久々にその喜びを味わうのであった。

 

一方、新入りのバズとジェシーたちに割り当てられたのは、

おもちゃを乱暴に扱う年少の子供たちが集う

「イモムシ組」の部屋だった。

あまりにひどい扱いに耐え兼ね、バズはロッツォに対し

「チョウチョ組」の部屋へ移動させてくれるよう要求する。

だが、ロッツォの優しい態度は表向きで、

実はこの施設のおもちゃたちはロッツォの恐怖による支配下にあり、

新入りのほとんどはイモムシ組の部屋で数日の間に破壊され、

ゴミとして捨てられる運命にあるのだった。

ロッツォはアンディの家へ帰ろうとするジェシーたちを

柵の中に閉じ込め、捕らえたバズのリセットボタンを押して支配下に置き、

看守として彼らを見張らせる。

ボニーの家のおもちゃたちから、サニーサイドが強い人間不信を抱える

ロッツォによっておもちゃの牢獄と化していることを聞いたウッディは、

仲間を救うために施設へ帰る。

ジェシーたちと再会したウッディは、

仲間たちと共にサニーサイドからの脱走作戦を計画し、その日の夜に実行する。

途中、バズを元に戻そうとして誤って

スペイン語モードにしてしまうというハプニングがありながらも、

彼を連れ戻して唯一の逃げ道であるダスト・シュートに来たウッディたちだが、

あと一歩のところでロッツォに見つかってしまう。

さらに、ウッディたち、そしてロッツォは

誤ってゴミ回集車に乗せられてしまい、ゴミ処理場に向かう羽目になる。

移動中、衝撃によりバズが元に戻るも、彼らはゴミ処理場に辿り着く。

そこでウッディたちは身動きが取れず困っていたロッツォを助けるも、

彼の裏切りの所為で焼却炉の中に落ち絶体絶命の事態に陥ってしまう。

だが、逸れていた仲間たちによって助けられ、何とか生還する。

一方、ロッツォは人間に捕まり、回収車に結び付けられる。

ウッディたちは、ゴミ回集車に乗って無事アンディの家へと帰還し、

ウッディは大学行きの段ボールに、

バズやジェシーたちは屋根裏部屋行きの段ボールに入る。

だが、ウッディは仲間たちと共にボニーの持ち物になることが

一番の方法だと考え、ボニーの家の住所を書いた付箋を

屋根裏部屋行きの段ボールに貼り付けると、自分もその中に入る。

付箋を見たアンディは決意しボニーの家を訪ね、

彼女に自分の宝物であるおもちゃたちを一つ一つ紹介しながら譲ると、

ボニーと共に久々におもちゃたちと遊ぶ。

そして、おもちゃたちに感謝と別れを告げたアンディは、

大学を目指して車を進める。遠ざかるアンディの車を眺めながら、

ウッディも彼に別れを告げた。

 

ま と め

・『トイ・ストーリー』の最新作『トイ・ストーリー4』が2019年6月全米公開。

-エンタメ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

堂本光一、ミュージカル愛を語る「ボクらの時代」

7月15日(日)放送の「ボクらの時代」では、 東京・帝国劇場で7月27日(金)から上演するミュージカル 「ナイツ・テイル―騎士物語―」 で夢の共演を果たす堂本光一と井上芳雄、 「Endless SHO …

「機動戦士ガンダム」ハリウッドで実写映画化決定!

アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズが、ハリウッドで実写映画化されることが決定した。 これはアメリカ・ロサンゼルスにて7月5日から8日まで開催中のイベント 「Anime Expo 2018」にて発表され …

新世紀の歌姫、アニサマで”藍井エイル”がサプライズ登場!

アニメソングの大型ライブイベント「アニメロサマーライブ(アニサマ) 2018 “OK!”」が 24日、さいたまスーパーアリーナ(さいたま市中央区)で開幕し、 歌手の藍井エイルさんがサプライズゲストとし …

プロデューサー業に専念!女優休養前最後の映画となるその内容とは?

女優の小泉今日子さんが30日、都内で 映画『食べる女』(9月21日公開)の 完成披露舞台あいさつに登壇。 今年6月に女優業の休養を発表している小泉にとって、 休養前最後の映画となる。   映 …

特報解禁!『シン・エヴァンゲリオン劇場版||:』2020年公開!!

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の特報映像が、 全国の映画館で上映され、公開時期が2020年になることが、 明らかになった。 そこで、劇場版のおさらいを少し。 「エヴァンゲリオン劇場版」一覧 「新世紀 …