サイエンス 生活

Googleマップを悪用した、新種の振り込み詐欺急増中!対策は?!

投稿日:

Googleマップを悪用した

新種の振り込み詐欺が増えているといわれている。

ユーザーが「情報の修正を提案」できる仕組みを使い、

地図上に表示される銀行の電話番号を勝手に改ざん

ユーザーがその番号に電話をすると、

悪意をもった犯人につながってしまい、

暗証番号を聞き出されるなどの被害を受けてしまうこともあるそう。

この場合、被害者は自ら銀行だと思って電話をかけているため、

まさか自分がだまされているとは気が付きにくいのだとか。

このような被害にあわないために、

私たちはどのようなことに気をつければよいだろうか。

引用:デイリースポーツ

 

新種の振り込み詐欺=「リバースフィッシング」

Googleマップなど地図サービスを悪用した詐欺は

リバースビッシングと呼ばれる。

インドで多く発生していたが、最近は日本を含めた

アジア太平洋地域全域に広がりつつあると、

最近も情報セキュリテイ企業が警鐘を鳴らしていた。

ビッシングとは電話など音声を使ったフィッシング詐欺のことで、

振り込め詐欺の一種といえる。

犯罪者側が電話を受けるためリバースという表現が使われている。

 

私たちが気をつける点=対策

Googleのサイト全体を見てみれば、

ほとんどがユーザー自身でつくりあげているコンテンツだ。

ネットにあふれている「みんながそう思っていること」を

サイトに反映させているだけで、

それは公式情報でも正式情報でもない

Googleのサービスを使うときには、そのことに留意しながら利用するべきだ。

 

Googleマップの情報は、悪意ある人の手で書き換えられる可能性があり、

必ずしも信用できるわけではない。

大切な電話をかけたりする際は、表示された情報のみに頼らず、

公式サイトなども見て確認したい。

 

”利用する側”と”提供する側”の対応

スマホでGoogleマップを開くと、表示された電話番号をタップするだけで、

そのまま電話をかけられてしまう。

ここまで簡単にユーザーが使ってしまう

インターフェイスを提供している以上、

Googleは提供している情報の信頼度をもっと上げるべきだと思う。

 

そのためにGoogleは、マップの情報修正のアルゴリズムを見直し、

オーナーが登録した情報を重く扱い、いたずらや悪意のある修正が

入りづらくなるようにしたほうがよい。

 

一方、情報を登録したオーナー側も、情報が勝手に変更されていないか、

随時チェックする必要があると思う。

 

ま と め

・Googleマップを悪用した”振り込み詐欺”が増加中。

・対策として、利用する際は「公式情報」を確認することを心がける。

 

多岐にわたって、良くも悪くも進歩する技術。

私たちもなるべくその進歩に対応し、その技術を利用して

快適な生活を送れるようにしたいものです。

-サイエンス, 生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「秋分の日」の過ごし方、制定の由来、日本の祝日を解説。

秋分の日とは? 毎年9月23日頃を秋分の日と言い 「祖先を敬い、亡くなった人をしのぶ日」 として1948年に法律で制定されました。   また秋分の日は、祝日法の上で「秋分日」とされています。 …

新菌種「ブルセラ症」って?その症状と対策。

 長野県内に住む40代の女性とその子ども3人のあわせて4人が今年1月、 人と動物が共通して感染する「ブルセラ症」にかかっていたことがわかりました。 県によりますと女性は今年1月に38度の発熱があり、 …

炭酸水の効果的な活用法。摂取量・飲み方を正しく守って!

炭酸水を調べると、ダイエットや健康にいい! というさまざまなメリットがでてきます。   ここでは”メリット”だけではなく、”やってはいけない”こと ”デメリット”も書いていこうと思います。 …

なるほど!!知っているとちょっと得する”雑学”を集めてみました。第1弾!

迷惑メール対処法 ○ meiwaku@dekyo.or.jpのアドレスに転送し、 本文文頭に「受信月日」、「送信者アドレス」 を書くと、総務省が行政処分してくれる。   のどが痛いとき ○  …

災害時無料Wi-Fi「00000JAPAN」、使い方と注意すること3つ。

「00000JAPAN」(ファイブゼロジャパン)では、通信事業者などが提供している 平時のWi-Fiアクセスポイントが地震や洪水といった災害時に 無料開放される。 ただし緊急時の利便性の確保を最優先に …