スポーツ

横綱”稀勢の里”が8場所連続休場!引退か?

投稿日:

 7場所連続休場中の大相撲の横綱稀勢の里が、
名古屋場所を休場することが5日決まった。

師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は
「今場所に向けて一生懸命やってきたが、もう少し時間を頂いて、
次の場所に向けてもう1回やらせて頂きたい。
今場所は休場させて頂きます」と話した。

前日4日夕方に、稀勢の里本人と話し合ったという。
「本人からも休場したいという話があった」とした。

                   引用:nikkansports.com

横綱 稀勢の里

  稀勢の里 寛(きせのさと ゆたか)

所属部屋 : 田子の浦

本 名  : 萩原 寛

生年月日 : 昭和61年7月3日

出身地  : 茨城県牛久市

身 長  : 188.0cm

体 重  : 178.0kg

得意技  : 左四つ、寄り、突き

・幕内戦歴 704勝439敗72休(82場所)

・初土俵 平成14年 3月場所
       ↓
 新十両 平成16年 5月場所
       ↓
 新入幕 平成16年 11月場所
       ↓
 新三役 平成18年 7月場所
       ↓
 大関昇進 平成24年 1月場所
       ↓
 横綱昇進 平成29年 3月場所

今後、どうなっていくのか?

 8場所連続休場で、ワースト記録になってしまいましたが、稀勢の里より前に
7場所連続休場の記録をもっているのは、平成の大横綱と言われた”貴乃花

 現役時代の強さは本当にすごくて、横綱になってからの優勝15回
この連続休場記録は、晩年の引退間近だったころのことです。

 最近の出来事では、横綱鶴竜”が2017年夏場所から
連続4休場して、・・・引退か?と思われたが、2018年初場所で復帰して準優勝
つぎの春場所では、優勝をはたしています。

 横綱以外であれば、降格すると相手力士のレベルも下がりますが、
横綱は、休場しても降格することはなく、休み明けだろうがなんだろうが、
トップ15の力士としのぎを削らなくてはならず、生半可なことでは
通用しません。

 過去に引退勧告を受けた横綱には、”連続休場”が理由の力士は存在しません。

中途半端の復帰で、途中休場を繰り返すことが、”稀勢の里”にとって悪い影響がある
という意見も聞かれます。

 ともかく、次の場所の結果が、進退問題に関係する可能性大ですが、
できれば万全の体制にして、土俵に帰ってきてほしいと思います。

 

-スポーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ロシア対クロアチア! ベスト8の戦い!! <W杯-2018ロシア大会>

 決勝リーグ、ロシアVSクロアチア 7月8日午前3時開始! ロシアの成績は、 ・FIFAランキング 70位、 ・W杯通算成績 4勝6敗2引き分け クロアチアの成績は、 ・FIFAランキング 20位、 …

サガン鳥栖、トーレスにつづいて金崎夢生もゲット!!

元スペイン代表のFWフェルナンド・トーレスが J1のサガン鳥栖に加入することが10日に発表されたことが 記憶に新しいが、7月24日、今季から10番を背負う FW金崎夢生がサガン鳥栖へ完全移籍することが …

東京五輪開閉開式演出の総合統括に、『シン・ゴジラ』を演じていた”野村萬斎”さん就任!

2020年東京オリンピック(五輪) ・パラリンピック開閉会式を 演出する総合統括に、 狂言師の野村萬斎さんが就任することが 30日、決まった。   リーダーとなった理由を組織委の 中井元チー …

フランス、ウルグアイ破り3大会ぶりベスト4!!

フランスがDFラファエル・バラン(25)=レアル・マドリード=のゴールなどで ウルグアイに快勝。2006年のドイツ大会以来、3大会ぶりの4強進出を決めた。 グリズマン、「義理堅い、ジェントルマン!」 …

悲鳴!?声援?!連敗回避の”稀勢の里”。貴乃花親方が「観客の胸を打つ相撲」と賞賛!

大相撲秋場所で進退をかけて4場所ぶりに出場した 横綱・稀勢の里(田子ノ浦)の奮闘に、2002年の同じ秋場所で 横綱として復活を果たした貴乃花親方が賛辞を贈った。   「大相撲秋場所・10日目 …