スポーツ

ベルギー、ブラジルを破り32年ぶりベスト4!!

投稿日:2018年7月8日 更新日:

ベルギーは前半13分にコーナーキックから相手のオウンゴールで先制。
さらに31分にベルギーは得意のカウンター攻撃からミッドフィルダーのデブライネ選手が
ミドルシュートを決めて追加点を奪い、2点をリードして前半を折り返した。

攻めあぐねてきたブラジルは後半31分、途中出場したレナトアウグスト選手が
ヘディングシュートを決めて1点を返した。

ベルギーはこのままリードを守り2対1で勝って1986年のメキシコ大会以来、
8大会ぶりの準決勝進出を決めた。

ブラジルはベルギーの3倍を超える26本のシュートを打ち相手ゴールに迫りましたが
決定力を欠いた。

日本も味わったあの「本気」のベルギーは、やっぱり強かった。
それは、王国ブラジルをも蹴散らすほどに・・・

ベルギー代表:キープレイヤー

エデン・アザール(FW)
生年月日 : 1991年1月7日
出身地  : ラ・ルヴィエール
身 長  : 173cm
体 重  : 76kg

ロメル・ルカク(FW)
生年月日 : 1993年5月13日
出身地  : アントウェルペン
身 長  : 190cm
体 重  : 93kg

ケビン・デブライネ(MF)
生年月日 : 1991年6月28日
出身地  : ベルギー
身 長  : 181cm
体 重  : 70kg

ティボー・クルトゥワ(GK)
生年月日 : 1992年5月11日
出身地  : ブレー
身 長  : 181cm
体 重  : 70kg

ネイマール、”最も悲しい瞬間・・”
準々決勝では激しいマークにあい、輝くことはできなかった。
敗退を受け、7日に自身のインスタグラムを更新。

「キャリアの最も悲しい瞬間だと言える。僕らは頂点にたどり着き、
歴史を作ることができるとわかっていたので、痛みは本当に大きい……だけど、
今回はその時じゃなかったみたいだ」

「再びフットボールをプレーしたいと思うのは難しいよ。
でも、神は僕にどんなものとでも戦える力を授けてくれると信じている。
たとえ敗れようとも、神に感謝することは決してやめないよ……
あなたは僕よりも遥かに素晴らしいことはわかっているからね」

「このチームの一員で本当に幸せだった。
すべてを誇りに思う。夢が終わってしまったが、
僕らの頭や心の中からそれを取り除くことはできないからね」

ネイマールは現在26歳。前回の自国開催、準々決勝のコロンビア戦で腰椎を骨折。
離脱を余儀なくされて、チームは準決勝でドイツに1-7の屈辱的な大敗を喫した。

あの日から4年。ネイマールのW杯はまたしても、準々決勝で終わりを告げた。

4年後のカタールW杯にむけて走り出したカナリア軍団。
”王国”に20年ぶりの歓喜を呼ぶことができるだろうか?

-スポーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

デーモン閣下注目の”御嶽海”、初優勝!!

大相撲名古屋場所14日目(21日、愛知県体育館)、 関脇御嶽海(出羽海)が幕内栃煌山(春日野)を 寄り切って初優勝を果たした。   2015年11月6日放送のNHKニュース”おはスポ”で、 …

no image

ロシア対クロアチア! ベスト8の戦い!! <W杯-2018ロシア大会>

 決勝リーグ、ロシアVSクロアチア 7月8日午前3時開始! ロシアの成績は、 ・FIFAランキング 70位、 ・W杯通算成績 4勝6敗2引き分け クロアチアの成績は、 ・FIFAランキング 20位、 …

ベルギー、過去最高3位!W杯-ロシア大会

ベルギー 2―0 イングランド 【3位決定戦】 ベルギーがイングランドを破り、同国史上最高の3位で大会を終えた。 決定弾は”電撃カウンター” 決勝点となったのは、開始4分。 GKクルトワのパスがつなが …

クロアチア、接戦制し、20年ぶりのベスト4!

クロアチアが開催国のロシアと対戦し、 PK戦を制して1998年フランス大会以来20年ぶりのベスト4進出を決めた。 両者ゆずらず、延長戦へ。 ロシアが前半31分、MFチェリシェフが 豪快なミドルシュート …

悲鳴!?声援?!連敗回避の”稀勢の里”。貴乃花親方が「観客の胸を打つ相撲」と賞賛!

大相撲秋場所で進退をかけて4場所ぶりに出場した 横綱・稀勢の里(田子ノ浦)の奮闘に、2002年の同じ秋場所で 横綱として復活を果たした貴乃花親方が賛辞を贈った。   「大相撲秋場所・10日目 …