生活

アニサキス症を和らげる”正露丸”-大幸薬品

投稿日:2018年7月9日 更新日:

 正露丸の製造販売元である大幸薬品(大阪府)は2014年、
アニサキスの活動を抑える効果があるとし、
正露丸の主成分・木クレオソートの活用に関する特許を取得した。                    引用:みなと新聞

アニサキス症って?

NIID国立感染症研究所の説明より

アニサキス症とは・・・

海産魚介類の生食を原因とする寄生虫症の中でも、

我が国で最も多発するものがアニサキス症である。

日本人の食習慣からみて、アニサキス症は我が国で

かなり古くからあった病気と考えられるが、

原因となる虫種が確定されたのは1960年代である。

当初は診断の方法がなく、激しい腹部症状から開腹して患部が切除され、

病理学的に初めてアニサキス症であると証明された事例がほとんどであった。

しかし1970年代以降には内視鏡検査の普及とともに、

生検用鉗子での虫体摘出が可能となり、予想外に多数の本症例が

発生していることが明らかにされた。

このような診断技術の高度化に平行するように、

生鮮食料品の輸送体系が近代化されてきたことが、

現在に至るアニサキス症発生の増加と広域化の前提となっている。

人への感染源となる魚介類は、我が国の近海で漁獲されるものでも

160種を超える。この中でも患者の食歴から、サバ(マサバおよびゴマサバの総称、

加工品としての「しめ鯖」を含む)が最も重要な感染源と考えられる。

アニサキスによる食中毒はなぜ起こる?

アニサキス幼虫が寄生している生鮮魚介類を生で食べることで、

幼虫が胃の壁や腸の壁に刺入して、食中毒を引き起こします。

アニサキス症の症状は?

急性胃アニサキス症

食後数時間後から十数時間後に、みぞおちの激しい痛み、悪心、嘔吐を生じます。

急性腸アニサキス症

食後十数時間後から数日後に、激しい下腹部痛、腹膜炎症状を生じます。

ほとんどが、急性胃アニサキス症です。

激しい腹痛がある際は速やかに医療機関を受診してください。

アニサキス症の予防方法

.鮮度の徹底!

.目視で確認!

.冷凍または加熱が有効!

注意事項として、

冷凍・・・-20℃で24時間以上。

加熱・・・70℃以上、または60℃ならば1分。

 

一般的な料理で使用する”食酢での処理”、”塩漬け”、

醤油わさびをつけてもアニサキス幼虫は死滅しない!!

ま と め

・アニサキス症とは、アニサキス幼虫が寄生している生鮮魚介類を生で食べることで、

幼虫が胃の壁や腸の壁に刺入して、食中毒を引き起こす。

・アニサキス症の症状は、

1.食後数時間後から十数時間後に、みぞおちの激しい痛み、悪心、嘔吐を生じる。

2.食後十数時間後から数日後に、激しい下腹部痛、腹膜炎症状を生じる。

・アニサキス症の予防法は、1.鮮度の徹底。2.目視で確認。3.冷凍・加熱が有効

以上のことに気をつけて食事をすれば、アニサキス症は防げます

あとは”正露丸”を常備していれば、”鬼に金棒”かな?

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エアコンの風が苦手な人に!あなどれない、扇風機活用法!

扇風機はエアコンよりも経済的 一般家庭の扇風機の電気代は、多く見ても月500円程度だと言われています。 一方、エアコンの電気代はというと、実験で24時間付けっぱなしということを やっていたという人の結 …

知っておくべき、注意報・警報の基本。

日本では梅雨があけると、”台風”の時期にはいります。 今年も7月5日現在で、台風8号が発生しています。台風が通過する地域と その周辺では、少なからず影響がでます。 気象庁から出される”注意報”、”警報 …

なるほど!!知っているとちょっと得する”雑学”を集めてみました。第1弾!

迷惑メール対処法 ○ meiwaku@dekyo.or.jpのアドレスに転送し、 本文文頭に「受信月日」、「送信者アドレス」 を書くと、総務省が行政処分してくれる。   のどが痛いとき ○  …

消費増税が予定通り2019年10月実施・・・首相表明。日本の景気はどうなる?最低限の備えを今のうちに!

安倍首相は、消費税率を来年10月1日に 現行の8%から10%へ予定通り引き上げる方針を固めた。 社会保障制度を全世代型に転換する財源を確保するため、 増税は不可避だと判断した。 15日の臨時閣議で表明 …

血糖値、高いとどうなる?その原因と対処方法

血糖値とは血液中のブドウ糖の量のことです。 ブドウ糖の血中濃度の高い状態を高血糖と言います。   血糖値が上がるとどうなるの? 血糖値が高すぎると体に良くない、 このことを知っている人は多い …